INTERVIEW 社員インタビュー

社員インタビュー 社員インタビュー
もっと
価値のある人間に
なるために
2020年4月入社
トータルコンサルティング事業本部(第二)
H.Y
サッカー
一色から
社会人に

私の今までの人生はサッカー一色でした。 幼稚園でサッカーを始め、小中学校はクラブチームで、高校大学はサッカー部に所属していました。 高校に進学するときには、サッカーで全国大会に出ることができるレベルの学校に行きたいと思い、親元を離れ地方の強豪高校に進学しました。

当初は寮生活のことや、サッカーでやっていけるかという期待と不安が入り混じっていましたが、 親が自分の決めた道だからと背中を押してくれたことで「よし、1人で挑戦してみよう」という気持ちになったことを覚ています。 今思うと、社会人になるときの気持ちと似ていたなと思います。

若いうちから
活躍できる会社

就職活動については、業界は絞っていませんでしたが、若いうちから活躍できる、成果主義で働ける仕事を軸に考えていました。 成果主義を意識していた理由は、受け身の仕事よりは、自らが行動して結果を出す仕事の方が、自分には向いていると思ったからです。 また忍耐力には自信があったので、若いうちに困難なことなどに挑戦したいとも考えていました。

あとは、自分を価値のある人間にしたい、もっと成長したいと思っていました。 サッカーをやっていたころから、練習漬けの毎日でどうしたら成果を生み出せるかを常に意識して努力をしていました。 環境ステーションに決めた理由は、何となくサッカーと似ていると感じたからです。 また、先輩社員の明るい人柄と社風、何よりも若い方々が活躍していて、努力をした人、 成果を出した人ほど正当に評価してくれる会社であることです。

挑戦すること、
楽しむこと

今の目標は自分一人で商談ができるようになることです。 現在は私が取ったアポイントに先輩社員が同行してくださり、 先輩が商談するのを横で見ているという状況です。 お客様とのコミュニケーションの取り方、説明の仕方、話の聞き方など、学ぶことがたくさんあり毎回目から鱗です。 また、先輩方は基本的にいつも優しいですが、時には自分の短所を的確に指摘してくれることもあり、とても勉強になり感謝しています。 そのためにも、早く一人前になり独り立ちしたいです。

仕事では当然のように上手くいかない事や、悩むこともたくさんあります。 そんなときも先輩社員の方々が、声を掛けてくれたり励ましてくれたりと、人の温かさを感じています。本当に感謝です。

私は休みの日に、好きな歌手のライブやフェスに参加してストレス解消することが楽しみの一つです。 実は環境ステーションのCSR活動で、フェスの運営やイベントに参加できることも入社を決めた理由の一つなんです。 挑戦すること、楽しむことが同時にできる環境ステーションが、私は大好きです。