投資住宅市場

投資住宅市場

SBJ銀行とブリッジ社が業務提携
クラファン商品を紹介、ESG投資の促進も

2020.07.31

 韓国大手・新韓金融グループの日本法人であるSBJ銀行は、ブリッジ・シー・キャピタル(以下、ブリッジ社)と不動産投資のクラウドファンディングサービスで業務提携を結んだ。SBJ銀行は顧客にブリッジ社が展開する不動産投資クラウドファンディングサービス「CREAL」を紹介し、手数料を得ると同時に、自行が扱う金融商品の拡充を図る。ブリッジ社はSBJ銀行が持つ幅広い顧客に自社サービスが提供されること...

投資住宅市場

貸金利息、三菱UFJ銀が1兆3503.90億円でトップ
総額3.51%減の7.86兆円、増収機関も26機関に半減

2020.07.31

国内金融機関110機関(都銀4、信託4、生保14、損保3、地銀75、その他10)の2020年3月期業績によると、110機関の貸出金利息収入(以下、利息収入)は総額7兆8682.42億円で、前年同期から3.51%(2863.11億円)減少した。前年同期の3.51%(1兆1261.99億円)増から減少に転じた。増収機関は50機関から26機関に半減した。 計上額トップは三菱UFJ銀の1兆3503.90億円(前年同期比9.73%減)。第2位は三井住友銀(1兆2541.32億円、3.43%減)で、これに...

投資住宅市場

不動産業向け貸出残高3.98%増の81.15兆円
トップは三菱UFJ銀、不動産シェアは13.72%

2020.07.03

金融機関95機関(都銀4行、信託3行、生保8社、地銀75行、その他5機関)の2020年3月期業績によると、不動産業向け貸出金の期末残高(以下、不動産向け残高)は総額81兆1576.76億円(前年同期比8兆1556.76億円増、3.98%増)。総貸出残高(591兆3548.58億円)に占める不動産業向け貸出割合(以下、不動産シェア)は13.72%で0.10Pアップした。 不動産向け残高トップは、三菱UFJ銀(残高8兆7236.19億円、309.93億円増)。これに三井住友銀(7兆6211.15億円、5675.87億円増)、みずほ銀(7兆4501億...

投資住宅市場

オリックス銀行が家族信託型リバースモーゲージ
認知症リスクに対応、親族が代行し管理が可能に

2020.05.29

 オリックス銀行は契約者の認知症リスクに対応した家族信託型機能を持つリバースモーゲージ「家族信託付不動産活用ローン」の取り扱いを始めた。契約者が認知症になっても、委託者である家族が物件の管理や売却を代行でき、家族が裁判所を通して成年後見人となり、物件の管理等を行う手間やコストを省く。オリックス銀行はすでに展開している相続、資産承継、財産管理を手掛ける「家族信託サポートサービス」とリバースモーゲージを組み合わせることで商品化を実現した。現状、認知症リスクまで考慮したリバースモーゲージを扱う金融機関はオリックス銀行のみ。オリックス銀行は今後、超高齢化社会が進むことで老後資金のニーズが高まる一方、認知症のリスクに対応した商品展開も必要と見ており、他行と差別化させたサービスで顧客を囲い込む。...

投資住宅市場

Jリート向け融資残高、前年比5.2%増の8兆984億円
トップは三菱UFJ銀の1兆6570.59億円、25法人向けに融資増

2020.05.01

4月初旬時点の「リート融資(直近)データ」によると、Jリートに融資実績のあるレンダーの総数は、前年同月比1機関増の91機関。融資残高の総額は、前回から4057.33億円増となる計8兆984.71億円で5.27%増加した。融資額を減らした金融機関は3機関増え26機関だった。 リート向け融資残高のトップは、三菱UFJ銀行の1兆6570.59億円(191.82億円増)。同銀は、日本プロロジスリート(NPR)向けを146.14億円、プレミア向けを111.70億円、インヴィンシブル(INV)向けを59.98億円など計25法人...