投資住宅市場

投資住宅市場

私募ファンド市場は19.2兆円に拡大
~三井住友トラスト基礎研の調査から~

2019.11.1

 三井住友トラスト基礎研究所がまとめた調査によると、2019年6月末時点の不動産私募ファンド市場規模(運用資産額ベース)は推計19.2兆円だった。前回調査の2018年12月末時点と比べ約1兆4800億円増加し、近年ゆるやかに増加している市場規模の拡大ペースが加速し、過去最大規模となった。運用資産額が増加した運用会社数が減少した会社数を上回り、全体として約8.4%増加した。私募リートの銘柄数および資産規模ともに増加しているが、私募ファンドのみを運用する運用会社の集計でも資産規模は増加しており、私募リート、私募ファンドの両輪により市場規模が拡大していることがわかった...

投資住宅市場

Jリート向け融資残高、前年比6.1%増の7兆8793億円
トップは三菱UFJ銀の1兆6088.76億円、23法人向けに融資増

2019.11.1

 10月初旬時点の「リート融資(直近)データ」によると、Jリートに融資実績のあるレンダーの総数は、前年同月集計比1機関増の91機関。融資残高の総額は、前回から4531.89億円増となる計7兆8793.20億円で6.10%増加した。融資額を減らした金融機関は27機関だった。 リート向け融資残高のトップは、三菱UFJ銀行の1兆6088.76億円(370.96億円増)でトップ。日本リート向け...

投資住宅市場

業務粗利トップは三菱UFJ銀行の4042億円
粗利総額4.35%増の2.89兆円、減益は33機関に

2019.09.27

 今期(2020年3月期)第1四半期の各金融機関の業務粗利益データによると(開示86機関)、三菱UFJ銀行が4242.77億円(前年同期比5.39%増)で引続きトップを守った。以下、ゆうちょ銀行の3644.94億円(1.50%減)、三井住友銀行の3564.63億円(3.35%増)が続く。4位のみずほ銀行は3519億円(16.02%増)、5位の三井住友信託銀行は1039.85億円(22.57%減)で、再び前年同期比減に転じた。開示全86機関の業務粗利総額は2兆8917.80億円(4.35%増)。前年同期比で減益したのは33機関(18機関減)だった。上位10行の粗利益の内訳を見ると、...

投資住宅市場

金融庁が検査マニュアル廃止、今後の方針を公表

2019.09.27

 金融庁は金融庁検査マニュアルの廃止の対応について、進捗状況と今後の課題について公表した。金融庁検査マニュアルは昨年6月に廃止する方針を公表しており、2019年12月には廃止する予定となっている。金融庁検査マニュアルを取り巻く環境や金融庁としての考え方を改めて説明し、各金融機関・業界団体と議論した内容、今後の課題と方針について公表した。今後の取り組みとしては、各金融機関、業界団体、公認会計士協会、日本銀行らをメンバーとした実務レベルの会議を開催し、新たな課題などを議論していくとした。金融庁検査マニュアルは...

投資住宅市場

投資家はESG投資に「不動産価値への影響」を期待
~日本不動産研究所の調査結果から~

2019.08.30

日本不動産研究所は、不動産のESG投資について集う不動産投資家の認識を調査したアンケート結果をまとめた。19年4月1日時点。不動産投資家のESG投資に対する期待は、「不動産価値への影響」とする回答が最も多く、将来的な収益性の向上を期待する声が多かった。ESGに配慮した不動産とそうでない不動産の賃料収入について、現在は「特に違いはない」の回答が8割超で最も多かったが、10年後は「1~5%程度高い」が6割で最も多かった。期待利回りについても同様に聞いたとこ...

投資住宅市場

Jリート投資は大和証券Gが10万8609口でトップ
―総投資口数は14.37%増、JPモルガン証券が4万口増

2019.08.30

 上場リート63法人が開示した主要投資主データ(19年5月末時点)によると、各リートの上位投資主に金融機関計33社が入った。44金融機関の集計範囲内(以下同)の保有投資数は合計61万5503口(簿価50万円換算、以下同)で、前年同期(2018年5月末時点)より63.00%(23万7891口)増加した。ただし、これらは金融機関単独による自己勘定分であり、小口投資金融機関と自己勘定投資以外を合わせた総保有投資口数は119万7257口(14.37%増、15万481口増)だった。  金融機関別の保有投資口トップは、大和証券グルー...