INTERVIEW 社員インタビュー

社員インタビュー 社員インタビュー
イベントでの結束力が
日常の業務の
チームワークに
直結している
2018年4月入社
トータルコンサルティング事業本部(第一)
N.U
働く原動力は、
親への恩返し

環境ステーションの第一印象は、「不動産で何故、この社名?」と思ったこと。就活するうえでは「稼ぎたい」という目標がありました。稼ぐとは自立することで、働かないと稼げない。私の働く原動力は、親への恩返しです。「ここまで成長しました」と示したいです。

多くの先輩社員がそうであるように、私もこの2~3年でそれなりの年収を稼ぐのが目標です。20代で親に家を買ってあげられる人は少ないかもしれませんが、可能性を信じて頑張ります。

魅力的な
社会貢献活動は
私達が中心

社会貢献活動の一貫として、昨年行われた「ap bank fes」という夏のロックフェスに弊社が協賛をし、私達1年目の新卒が中心となりフェスのお手伝いをした時には、社長の計らいで、Mr.Childrenの桜井さんと握手をさせてもらえました。

コーポレートゲームズには全社員が参加。私はドッジボールに出場しました。新人の私達が前に立って社長を守るつもりが、社長自ら最前線で全力で戦っていました。

海外研修旅行は年2回。ハワイではゴルフも堪能しました。

きらびやかな街・
銀座がオフィス

学生時代には、おしゃれやお化粧もあまり気にせず、ひたすらバスケットボールに打ち込みました。
社会人になって、今はきらびやかな街・銀座がオフィスです。通勤するたびに「これぞ社会人」という気分になれます。

私のチームは面白くて明るい雰囲気です。落ち込んだ時も先輩方が笑わせてくれて、「まだ頑張れる」と思えるチームです。顔色や悩みを察して声をかけてくださるのは、本当に心の支えになります。

スタートラインは
みんな一緒

私は不動産業界について、まだ右も左もわからず、自立には程遠いです。ただ、仕事をしていく過程で日々学べて、一歩ずつ進めるから、やりがいを感じています。

スタートラインはみんな一緒。
入社して、目標、目的、夢を持つと頑張れるし、目標、目的、夢がなくても、当社なら視野が広がり、これまでの自分の壁が取っ払われ、目指すものが絶対に見つかると思います。