INTERVIEW 社員インタビュー

社員インタビュー 社員インタビュー
日々向上できる環境
2021年4月入社
管理本部 契約管理部(契約課)
M.N
幅が広く
奥が深い業界

大学ではダンス部に所属していましたが、何故か不動産業に就職した先輩が多かったので、私も関心のある業界としてチェックしていました。調べていく中で、持っている知識を駆使しながら営業やそのサポートをしたり、物件の管理や建築、販売など、不動産業といってもいろんな部門があることを知って興味を持ち、選考を受ける会社も不動産業の比率が高くなっていきました。

面接では、私たちのような学生複数人と面接官との集団面接を経験しました。実は同じ組では私以外皆営業志望の方ばかり。飛び交うアグレッシブな受け答えに少し圧倒されかけましたが、持ち前の負けず嫌い精神で、自分のことを猛アピールし、なんとか最終選考・内定と進むことが出来ました。

プロフェッショナル
としての自覚

面接を受ける際、周りの方々の意見を聞く中で、営業の魅力も感じることが出来ました。また、面接官の方が社内での活動など細かくお話をして下さったこともあって、面接の場も会社を知ることが出来る良い機会になりました。

現在、私は契約管理部門で事務職に携わっています。ダンス部で副代表というサポート的役割を担っていたことを必死にアピールしたので、適性がある部署に配属していただいたと思っています。

環境ステーションは開発から管理まで、一社で対応します。関係会社へお客様をたらいまわしにすることなく、社内で全て解決するという一貫したサポートで迅速に解決する姿にプロフェッショナルの気概を感じます。部門を超えてのミーティングもよく行われ、お客様やサポートする営業の方のニーズに円滑に応えられるよう、日々改善を行う上司や先輩の姿をみて、私も戦力の一員なんだと強く思う毎日を送っています。

資格を取る
ということ

今の目標は、サポートとして数ある資格を取り進めていくことです。
不動産関連の国家資格は、他業種に比べて多いということを知りました。宅地建物取引士を筆頭に様々な資格を取って、いろんな角度からサポートに携わりたいと考えています。周りにも資格を複数持っている先輩方が多く、専門知識を仕事の場でフル活用している姿は正直とてもカッコいいと、単純ですがそう思うんです。

資格取得は会社が目一杯サポートしてくださるので、私がやるべきなのは必死に勉強すること。まずは第一歩、2021年に宅地建物取引士に合格することが出来ました。もし不動産業界に興味を持っているのなら、早期から勉強に取り組んだほうが有利だと思います!