INTERVIEW 社員インタビュー

社員インタビュー 社員インタビュー
「住まいを彩る」
ということ
2021年4月入社
プロパティマネジメント事業部
M.F
就職観の変遷
それは
自分探しの旅

元々「空間デザイン」や「住宅デザイン」に興味があったものの、建築士やインテリアコーディネーターなどの資格が基本必要だったり、どこか趣向に合わないデザインだったりと、自分にしっくりくる会社に出会えなかったというのが本音です。そんな中、当社は開発から建築、販売、管理を一社で完結していることを知りました。

考えてみれば、どの環境にあっても「住まいを彩る」行為というのは、住みよい住環境を作るうえで必要不可欠であり、結果的にどの部署に配属されても何かしら空間デザインに携われるのではないか…と考え、内定を受諾することに決めました。

相手のことを
深く考える仕事

配属されたのはプロパティ・マネジメント事業部(PM事業部)。管理会社業務全般を担う部署です。
入居者の募集、住居不具合の対応、契約の更新から、退去のお手続きまでのサイクルを一括で行っている部署です。サイクルの中で、より高い家賃が取れるようにリフォーム・リノベーションを施して、新しい入居者様に目にとめて頂けるよう工夫を凝らします。

今、起こっている住居のトラブルを把握し、困っている入居者様のことを考えながら迅速に解決へと導く。内容が多岐にわたるため、まだまだ一人で対応できないこともたくさんありますが、早く一人でスマートに対応出来るようになるために、日々努力は怠りません。

就活は
自分の成長の場

私自身、就職活動を楽しく終えることが出来たと思っています。たくさんの会社の様々な立場の方とお話しし、その度に新しい価値観に出会い、内面が感化されて新しい自分に成長していくことに日々喜びを感じました。就職活動が私にとって「成長の場」であると感じることが出来たのは良い経験でした。

また、就職活動で、もちろん就活だけではなく何事にも繋がることではありますが「相手のことを知るためにはとことん相手のことを調べる」ことが何よりも大切だと考えます。話をするためには相手のことを知る必要があります。どんなことでも楽しんで、話をするために知りたいと思う知識欲。これは何事においても、いつまでも必要なことだと思って、いつも仕事に向きあっています。