INTERVIEW 社員インタビュー

社員インタビュー 社員インタビュー
「商品」「会社」「人生」の
未来を思い描くことが
出来る
2019年4月入社
管理本部 プロパティマネジメント事業部
J.S
自己成長と
将来性が
未来を拓く

商品の単価が高く「お客様の将来をともに考える」ということにやりがいを感じ、不動産業界に絞り込んで就職活動を始めたのですが、不動産業界に絞り込んでからは更に、その裾野の広さに驚きました。模索しながらも、まずは賃貸管理からアプローチをはじめ、仲介→売買→投資用不動産と更に業態を狭めてきました。

この業態を選んだのはズバリ「仕事のやりがいとマーケットの将来性」です。選考の過程で収益用不動産の会社に絞り込み、最終的に当社に決めました。

特に3次選考まであった当社の選考では、たっぷり時間をかけて丁寧に面接をしてくれた社員の人柄に惹かれたことが印象に残っています。

大きな存在が
大勢いる会社

面倒見の良い社員が多いと思います。その伝統が受け継がれて、ライン、部門間の垣根を越えて教えあい、助け合うという社風が出来上がっていると感じました。

チーム長が父親、頼りがいのある係長と主任がお兄さんとお姉さん。困ったときには家族のように手を差し伸べてくれます。このような社風は、社長が気さくであることからだと思います。同じフロアで仕事をしていることもありますが、すれ違うたびに話しかけて下さいます。

私だけでなく、他の社員に対しても、同じ対応をされているようです。とにかく社長との「精神的距離」が近いことに感銘を受けました。

キャリア形成を
明確にすれば
見えてくる道

運にも恵まれて、同期の中で初契約をあげることができました。初契約の際、お客様から「素直なところが信頼できた。これからよろしくね」と握手をさせていただいた時、体が震えたことを覚えています。

私は、大学2年と3年の2年間、学科で成績1位を取りました。遠方からの通学でしたので、電車の行き帰りでは必ず勉強する、という習慣を徹底したことが、この成果を為し得た要因であると思います。

この学びの習慣は、当社の社員になった今でも継続しています。

一個人として、たくさんのお客様を幸せにすることを目標に、3年後、5年後、10年後を見据えながら、どんな自分になっていたいのか、どのように社会に貢献していくのかを明確にしていきたいと思っています。