2015.02.17

「企業の森・環境ステーションの森」の協定式が行われました。

2015年2月17日「企業の森・環境ステーションの森」の協定式が行われました。

東京都奥多摩の森林の一部を「企業の森・環境ステーションの森」とする協定が、森林所有者、公益財団法人東京都農林水産振興財団と環境ステーションの三者で締結されました。

「企業の森」とは、花粉を多く発生する樹齢30年以上のスギを伐採し、花粉の少ないスギを植林して花粉量削減を目指す「花粉の少ない森づくり」活動に賛同した企業が、森林整備に係る費用の相当額を寄付し、森林ボランティアなどの活動を通じて行う森づくりです。

社会貢献を目的としたCSR活動の一環として、10年間活動して参ります。

参考URL:公益財団法人東京都農林水産振興財団(花粉の少ない森作り運動)