日本の文化遺産

#41 和歌山県・田辺市 橋本市 和歌山市

「紀ノ川」が母なる川と呼ばれ大地を潤し、豊かな恵みをもたらしている。
徳川御三家のひとつの紀州藩が治めていた城下町で、龍神温泉は藩にゆかりのある湯治場。
そこにある旅館は藩主が好んで使っていたもので、部屋はきらびやかな造りで調度品なども当時のものが残っている。

橋本市・高野山にある寺院は数多く、「金剛峯寺」「こんごうぶじ」は弘法大師によって開かれた。訪れる参拝者は年間100万人以上。
和歌山市にある和歌山城、紀州東照宮なども紀州徳川家の栄華の極みを映し出している。