日本の文化遺産

#37 富山県・富山市

日本海を望む町で江戸時代に北前船の貿易で賑わったところ。
通りには多くの廻船問屋が軒を連ねていた。
さまざまな商いをして栄華を極めた建物が印象的。

郷土博物館は城の造りで富山城と呼ばれ町のシンボル。
神通川に沿って貴重な文化財が数多く見られる。
郷土に潤いをもたらし、人々の営みの中から文化が育まれて来た。