日本の文化遺産

#33 岡山県・岡山・倉敷市

岡山市は城下町として栄えたところ。
岡山城は黒塗りの横板が特徴で、櫓「やぐら」などは創建当時もので重要文化財。
四万坪の大庭園、後楽園は国の特別名勝。歩きながら移り変わる景色を眺めることが出来る回遊式庭園。
幼稚園舎、近水園「おみずえん」などは当時の貴重な記録として残されている。

倉敷市には町並みが美観保存地区になっていて、観光の人々が多く訪れる。
日本初の天文台や伝承玩具なども魅力ある文化になっている。