日本の文化遺産

#23 鳥取県・八頭郡

若桜鉄道「わかさ」の施設は平成20年に有形登録文化財になった。

若桜線の終着駅で、本社と車両基地がある。
全線開通した当時走っていた蒸気機関車(SL)の貴重な施設。
鉄道ファンに人気の観光スポットになっている。

不動院岩屋堂は八東川「はっとうがわ」の支流、吉川川「よしかわがわ」の岩窟内に建てられた舞台造りの寺院で、国の重要文化財に指定されている。
僧侶は常駐しておらず行事があるときだけ来て取り仕切る。

消防団屯所は昭和初期の消防屯所建築の遺構として貴重な存在で、国土の歴史的景観に寄与しているものとして国の有形文化財に登録されている。