日本の文化遺産

#18 愛媛県 伊予市・松山市

丘のような谷上山「たがみさん」にある福田寺「ふくでんじ」。
静かな佇まいでひっそりと建っている。境内にある建物や庭など素朴の美が感じられる。

松山城は黒船来航の翌年落成した江戸時代最後の完全な城郭建築。
城の創設者は加藤嘉明、秀吉の家臣で後に関が原の戦いにおいて家康に従い、その戦功を認められた。
昭和に入り部分的に戦災や火災などで焼失されたが、現在は復元されている。

大正に起きた関東大震災を契機として、各地に測候所が建設された。
当時の最新の耐震構造であった鉄筋コンクリートを使って、松山地方気象台は建設された。