日本の文化遺産

#12滋賀県 長浜・近江八幡

長浜は歴史上、織田信長、豊臣秀吉また徳川の時代に翻弄され波乱な運命を辿った女たちの舞台になった。戦国の動乱で多くの武将や人々が犠牲になったが、今はその歴史を物語るものはなくひっそりとその跡地だけが残っている。

近江八幡は商人の町、建ち並ぶ建物は商家が軒を並べその歴史的景観は文化財の指定になっている。琵琶湖が隣接していて水路を使って商いをしていた様子も見ることが出来る。

また戦国乱世に自害させられたわが子を想い、母が弔い築いた寺など悲運の歴史を刻んだものが文化財として残されている。